高次脳機能障害研修会開催


1.目的

高次機能障害とは、病気や事故等の原因により、脳が部分的に損傷を受け、一部の脳機能が低下する障害である。それにより、日常生活や社会生活において支障をきたし困惑を抱えていることがある。また、外見上障害の判別が難しく、周囲から理解が得られにくいため、適切な支援を受けられないことから、県北地域においては、高次機能障害に対するパンフレットやガイドブック作成し、普及啓発を重点的に実施し支援の充実を図っている。

本研修において、地域住民及び支援に携わる関係者が、高次脳機能障害に対する理解を深め、今後の支援の在り方や理解を促進し、普及啓発を行うことを目的に開催する。

 

2.対象

地域住民、管内の保健・医療・福祉・行政機関等の関係者

 

3.共催

県北地域リハビリテーション広域支援センター・長崎県県北保健所

 

4.開催日時

平成281月15日(金曜日)18:3020:30(受付:18:00~) 

 

5.場所

松浦市文化会館 小ホール

松浦市志佐町浦免1110 ℡.0956-72-5758

 

6.内容

18:30~

開会あいさつ

18:35~

【講話】「ご存じですか?高次脳機能障害」

長崎こども・女性・障害者センター 高次脳機能障害者支援斑

作業療法士 井戸 裕彦 氏

20:00~

【報告】「県北地域における高次脳機能障害者支援の現状」

県北保健所 地域保健課 保健福祉斑

20:15~

質疑応答

20:30~

閉式会